FootLoose Touring

2009年最後の試練

Posted on ...   ... 0 comments

あけましておめでとうございます
新年を迎えたというのに昨年末の話ですが…

大晦日に友人に誘われ、2008年末と同じように長瀞まで行ってきたんです。もちろん目的は蕎麦。
だけど昨年行った時に営業してなくて入れなかった店は、やはり今年も営業してなくて…たしか「むらた」とか言う店だったかな?
で、仕方ないので今年も「とらや」という蕎麦屋へ。

他に客はいなくて、一番奥の窓側の席に座ることにしました。注文したのはせいろ(大)
昨年食べた時は蕎麦を食べ始めたばかりで、違いもわからなかった頃。
今だって「あそこの蕎麦は~」「こっちの店の蕎麦は~」なんて言えるわけじゃないけど、昨年よりは少しはわかるようになってる…と思いたいw
とりあえず、1年前の感想としては結構おいしかったような記憶はあります。
今回は果たしてどういう感想を持つやら…
とらや 蕎麦

コシはあまりなく、ツルっとしてるというよりは若干ぬるっとするような感じです。蕎麦の風味が感じられ、おいしい蕎麦だと思います。
そばつゆは少し濃いめのキリっとしたつゆです。
…まぁ個人的には今の自分の好みとは少し違う蕎麦ではあるんですが、客観的意見としてはここの店なら「ハズレ」にはならないと思います。
まともな蕎麦ではあるので、あとは好みによる、かな。
食べ終わる頃に蕎麦湯が運ばれてきましたが、さらりとした蕎麦湯でした。

蕎麦湯を飲み始めるとご主人が「サービスでおでんを出しましょうか」と言って持ってきてくれました。
とらや サービスのおでん

ついでに酒を1杯ついできて、隣の席に座って飲み始めるご主人。
他に客もいないし、昼飯時は過ぎてる上にあと1時間で閉店だから(しかも大晦日だし)もう誰も来ないと思ったんでしょうけど、お客さんが来ちゃっても知りませんよw

食べながら今日は寒いだのなんだのと話していたら…雪が降ってきてしまいました
雨でさえ嫌なのに、雪の中なんて走りたくない…
でもそんなにいっぱい降ってるわけでもないし、まぁ大丈夫だろと楽観的な友人。
俺は路面が濡れてるだけでも嫌だな…

おでんを食べ終えて店を出て、とりあえず道の駅あしがくぼへ。
あれ…?
芦ヶ久保 雪

うわー少し積もってるよ…
と思っている俺の横でバイクで雪の上を走り、遊び始める友人。50ccで軽いから滑っても踏ん張るってのはいいよね。
俺は30km/h制限あるから乗りたくないけど

雪がほとんど止んだのでそろそろ出発。


さて、ここからが問題。友人が挙げた選択肢は2つ
・普通に299で下りていく 
  ↑あまりスピードは出したくないけど基本的に流れが速いのが欠点
・刈場坂峠の方へ登っていき、奥武蔵グリーンラインから(もしくはすぐ下って正丸トンネルの出口で)299に接続する
  ↑299を少し省略できるし、車の通りが少ないので自分たちのペースで行ける。でも車の通りが少ないってことは雪が残っているかも?

で、判断は友人に丸投げ。
結局、刈場坂の方、つまり少し山の中に入ることに。「ヤバそうだったら引き返せばいいよ」という言葉とともに。


坂道を登りはじめたばかりは「なんとか大丈夫そうだなー」と思ったんですが、しばらく行くと道の駅みたいに白く雪が残っている場所が。
「うわ~コケそうで嫌だな…。ま、ヤバかったら引き返すって言ってたんだから引き返すだろ」と思っていたら、コレが大間違い。止まらんぞ
コケないように恐る恐る進む俺とは対照的に、あまりビビる様子もなく進んで行ってしまう友人。
残雪地帯に出くわす度に、あまり気にせず進んでしまう友人を置いて引き返してしまおうかなんて思いつつも、結局勝手に引き返すこともできず仕方なくついていく
そうしていく内に、どんどん残雪地帯が増えてくる。

ついに「あ、ここ無理だ。コケる。ぜっっったいにコケる」と思って止まってしまいました。
サイドスタンドを出して降りようとするも、「足がズルっといったら…」と思うとバイクから降りることさえできずに固まってしまいました。
見かねた友人が引き返してきて、支えてもらってようやく降りれました。





コケないように走るので精いっぱいで気づきませんでしたが、雪がまた降り始めてきた…。
今まで必死に残雪地帯を乗り越えてきましたが、さっきので完全に精神力が途切れてしまったため、バイクを押して進むことに。

必死こいて押して登るも…キツい。
しかも気づいたら、さっきまでアスファルトが見えてる部分がほとんどで、でたまに残雪地帯…という感じだったのに、今じゃ雪が普通に降ってて地面が見えやしない。
車のタイヤ跡の部分だけかろうじて、という感じ。

やっとの思いで刈場坂に到着。あぁ、でもここから下らなきゃいけないんだよな…
確かこの時17時半。
あたりは真っ暗だし、雪降ってるし、寒いし、疲れたし。もう最悪。

そこから下って、正丸トンネルの横に出たのが18時半くらいだから、下りに約1時間。
芦ヶ久保から普通に走れば1時間そこそこで地元に戻れるっていうのに、芦ヶ久保を出発して2時間でようやく正丸トンネルを越えたとは…
通常なら10~15分くらいの距離なのに…

まぁ俺がビビり過ぎてたのかもしれないけど、あの残雪地帯、ましてや下りの残雪地帯なんてコケずに済む自信がないです…
ただでさえ1週間前に箱根でコケたばかりだし…


そんな感じで、雪が降っている山の中を2時間(押し歩いた時間はたぶん約1時間半)という、なかなかしんどい目にあいましたとさ。最後の方なんかふらついてましたし。
天気予報だと晴れ時々曇りだったのに、なんで急に雪降ってくるんだよ…。

帰宅後は飲みの誘いがあったものの、家で夕飯食ってK-1を見てたら、魔裂斗vsアンディー・サワーの決着が着いた直後に寝落ちしてしまいました
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。