FootLoose Touring

世界遺産を目指して 1日目

Posted on ...   ... 0 comments

連休を使ってGN乗りの友人とツーリングに出かけてきました。

今回の目的地は、ユネスコの世界遺産にも登録されている、岐阜県の白川郷
しかも今回のツーリングはただ白川郷に行くだけじゃなくて…
野宿するんですw

いつもこんな感じなんですが、ギリギリまで準備しないタイプなんですよね、なぜかw
東北ツーの時もそうでしたが、やはり今回も出発前夜に荷物を詰めたりしてたわけで、睡眠時間4時間。
東北ツーの反省が活かされてないって言う

5時半に集合場所に行くと、少し遅れてGN氏。

丸めてあるのはマット。そして、その下には見にくいけどテント。さらに、青いバッグの中には寝袋です。
岐阜 出発前

じゃんけんで、どっちが前を走るか決め、結果は後ろに。

埼玉→群馬→長野→岐阜と移動するわけですが、群馬に入ったあたりで「恐竜の足跡」なるものを見つけ、とりあえずちょこっとだけ寄ってみました。
どうやら県指定の天然記念物らしいですが…う~ん、微妙。あまり恐竜の足跡っぽくは見えないし。
わざわざ見ていくほどの価値はない、がっかりスポットって感じ。
恐竜の足跡

恐竜の足跡を過ぎてR299を進むと十石峠を越えることになるのですが…ツーリングマップルに寄ると、途中で逸れてK124に入った方が良さそうな感じ。
ってことでK124に入り、ぶどう峠を越えることに。
ぶどう峠手前で寄り道
ぶどう峠手前

そしてぶどう峠を越えて、長野県に入りました。
峠道は日陰が多かったけど、峠を越えると一気に陽が射して気持ちイイ
ぶどう峠の先

長野に入ってもまだまだR299。メルヘン街道で麦草峠を越えます。
この麦草峠、国道で2番目に標高が高いんだとか
麦草峠

このあたりで、なぜか友人のデジカメの調子が悪くなってしまい…。
シャッターを押す前は画面には景色がちゃんと映ってるんですが、シャッターを押してみると真っ白な写真しか撮れない、という。
なんだこれ?

R299が終わり、R152に入ったのがたぶん14時頃。そろそろ昼食を、と思ったけど店はほとんどないぞ?
やっと見つけたのはテンホウとかいう、 長野に展開しているチェーン店。
ここで逃したらしばらく見つからないかも…そう思ってここでいいや!と昼食。
…だが、ちょっと進んで茅野市街に入ったら、丸亀製麺や他にもチェーン店がいくつかあり、焦ってよく知らないチェーン店に入る必要なかったorz

市街地を抜けてしばらく走ると見えてくるのは…諏訪湖!
おぉ、これが諏訪湖か。って、なんか水が汚いケド
諏訪湖

この時まだ16時前だったんですが、今回も充分な睡眠時間をとれずに出発してしまったので、けっこう、かなり、眠い
それでも4時間弱寝たわけだから、東北の時のゼロ時間に比べたらマシなんですけどね。
ちなみに友人も睡眠時間はほとんど変わらないとのことで…とりあえず30分くらい休憩して、芝生でゴロ寝。
結局40分くらい寝ちゃってたけど

気を取り直して再出発。
松本市に入り、銭湯に入った後に吉野家で夕飯に豚丼(大)を食い、今日はせめて岐阜には入っておきたいので夜の上高地へ向かう。
知らぬ間に安房峠道路という有料トンネルを抜けてしまって、600円を取られてしまいながらもなんとか岐阜に到達。


料金所の出口で休憩していると、後から来た若者が「どこ行くんですか?」と。
聞くと、なんと彼は白川郷でバイトしていて(でも富山人)、これからそっち方向に帰るのだそうで。
途中の道の駅や温泉など案内してくれるというので、ありがたく先導してもらうことにしたんですが…

彼は「あまり早く走れんけど」と言っていて、「こっちは初心者だからその方がありがたい」という会話をしたんですが、……速い速い。
いつもならあんな暗いところ絶対もっとスピード落として走るのに、置いてかれるわけにもいかないのでなんとか喰らいつき…

って、あれ?後ろを走っていた友人がいない!?
それに気付かずどんどん先へ行ってしまう富山人をなんとか止めてGN氏を待つと…なんとコケたらしい。
幸いにも怪我はなく、バイクも特に損傷は見られなかったから良かったけど…

まずはオートキャンプ場に隣接している道の駅「奥飛騨温泉郷 上宝」に行くも、目の前にオートキャンプ場があるのにその手前にテントは張れない…

ということで新穂高の温泉に移動。
するといくつかテントがあります。ここなら大丈夫そう。
悪戦苦闘しながらなんとかテントが完成。2人用テント
テント

あとはテント内にマットを敷いて、寝袋で寝るだけ。
寝袋、意外と悪くないですね。窮屈なのがキライな自分には、寝袋合わないかと思っていましたが。
寝たのは0時過ぎくらいだったでしょうか。

330kmほど走って1日目は終了。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する