FootLoose Touring

イーハトーボ

Posted on ...   ... 0 comments

寄居にうまいうどんの店があるのは知っていたのですが、どーせ行くなら讃岐うどん好きの友人と行こうと思って彼が免許を取るのを待っていました。
で、彼もバイクを買ったことだし…と思って今朝GN乗りの友人を唐突に誘うことに。

人気店で行列ができると聞いていたので、30分で支度して慌てて出発。11時半過ぎに到着したのですが、先客が1組いただけで、並ばずに済みました。
あまりうどん屋らしくない店構えです。国道254号からちょっと入ったところにあるのですが、なにしろ場所がわかりにくいので。
イーハトーボ

店名は「イーハトーボ
こちらのお店は、軽度の障害をもつ人達の中間訓練施設としての役割も兼ねていて、たまにご主人が厳しく叱ったりしているようです。なので初めて行ったときは驚くこともある…らしい。

ご主人は香川の讃岐うどん店「山内うどん店」で修行した人らしく、この店の釜玉うどんは、釜玉うどんで有名な香川の「山越うどん」のご主人が来店した際にお墨付きをもらったという噂。

それと、色々とルールがあるようです。

・駐車場はないので、山側に停めること
・注文したら番号札を受け取り、注文が揃うまで持っていること
・2つ注文する場合は同時には出さず、片方を遅らせます。「茹でたて」を食べてもらうため。
・1つ目を食べ終えたらカウンターに行き、番号と2つ目を出してもらうよう伝えること(でないとずっと2品目が出てこないことも)
・食べ残した場合は持ち帰り。それを拒否するのなら「出入り禁止」
・無断での写真撮影、ホームページ掲載の禁止
・かけうどんには、味が薄いと感じた場合でも絶対に醤油を足さないこと。醤油を足した場合はお帰り願うことも


などなど。自称「お客にも厳しい店」です。
決まり事が多くてなんか嫌な印象を持ってしまうかもしれませんが、まぁ大したことでもないのであまり気にしないのが吉です。


さて、肝心のうどんですが、注文したのは「だしがけうどん ひやあつ(小)」そして「釜玉(大)」
先に来たのは「だしがけ ひやあつ」。この時はまだ写真撮影の許可をとってなかったので、写真なしですあせる
味はたしかに薄め。
友人が「讃岐は白出汁」と言っていた通り、透明なつゆです。
で、コシがかなり強い!こんなにコシが強いのか!と驚きました。そして、なんというか「粉」の味を感じられるような…。うまいです。

そして「釜玉」。「だしがけ」を出してくれたのは他の店員さんでしたが、「釜玉」を出してくれたのはご主人だったので、その時に「写真撮らせてもらってもいいですか?」と。
すると「え?私たちの?」と軽いジョーク。店のルールとかあるし、口うるさい頑固おやじなのかと思ってたんですが、(勝手な)イメージとは違いました。
イーハトーボ 釜玉

こちらもうまい!温かい麺でもコシあります。さすがにうまいです。


うどんに満足して店を出て、さてどうするか…このまま一直線に帰るのも面白くない。
そう思って140号から秩父へ、そのままループ橋へ行くことにし走っていると、道の駅ちちぶ辺りで雨が降り出したので引き返すことに。
ループ橋にも行けずに雨で濡れて蒸れるし、ツイてなかったです
でもうどんはうまかったので良し!

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。