FootLoose Touring

素朴庵

Posted on ...   ... 0 comments

最近は忙しかったりしてバイクになかなか乗れず
走らせるついでにどこか蕎麦を食いに行きたいなーと思って蕎麦屋をいくつか調べ…
絞った候補は2つ。秩父の「こいけ」と国立の「素朴庵」
走り目的なら道的に秩父に行った方が快適だろうけど、蕎麦は素朴庵に惹かれる……どうしよっか。

どちらか決めかねていると……なんと母が偶然にも素朴庵に行ったことがあるそうで。
蕎麦自体はもちろんのこと、蕎麦湯もドロッとして美味しかったとのこと。

それを聞いて素朴庵に決定。
16号に出てしまえばあとは道は簡単なので、迷わず到着。だいたい1時間くらい。
ただ、ここの店は駐車場は一応あるみたいだけども、ちょっと離れててわかりづらい。
細い道を入っていかなきゃいけないし、店のホームページで駐車場を確認しておかないとまず気付かない。
最悪、「肉の万世」の駐車j(ry

で、お店に入ると座席数が少ない。テーブルが4、5卓。
店はご主人と奥さんの2人でやってるみたいですね。
席につくと「温かいお茶と冷たいお茶、どちらがいいですか?」聞いてくれます。

こちらのメニュー、冷たい蕎麦は十割なのが特徴みたいです。温かいのは二八だとか。
蕎麦はもり・田舎・更科、あとはおろしやワサビぶっかけなどがあり…
注文したのは2色そば。もり・田舎・更科のうち2つを選べ、大盛りにする場合はどちらか一方が大盛り(というか普通盛りのサイズ?)になるようです
今回は更科と田舎で

2つ一緒に出てくるかと思いきや別々に出てくるようで、先に更科。
白くてかなり細い蕎麦で、まるで刺身のツマのような感じ。
口に入れると一瞬素麺かとも思ってしまうくらいの細さ。
1本1本の長さがちょっと短めだったかな?
素朴庵 更科

続いて田舎が出てきたところで、後から別のお客さんが来たのですが、空いてるテーブルが無く…4人掛けの席に1人で座っていたので、相席をお願いされてしまいました。
目の前に知らない人がいるのに写真は取り辛く、田舎そばの写真は断念。

田舎そばというと比較的太いと聞いていたのですが、こちらの店のは田舎そばもだいぶ細めでした。
田舎そばは今回が初挑戦。そばの香りが強く、おいしいですね。
喉越しは更科の方が良かったけど、蕎麦のうま味がより感じられるのは田舎でしょうか。

そして蕎麦湯。聞いていたとおり、本当にどろっとしていました。どろっとしていて味が濃い。
蕎麦湯は蕎麦つゆで割って飲むものと思っていましたが、こちらのは味が濃いため、そのまま蕎麦湯だけで飲んでもおいしい!
今までなんとなく蕎麦湯を飲んでいましたが、初めて本当においしいと思いましたね。
ちょっとした衝撃でした。


帰りは雨に降られ、道に若干迷い…バイトにはギリギリでした

途中、信号待ちの時に工事してたおっさんがバイクを覗きこんできて

工事「これどれくらい走るの?」
おれ「はい?(時速の話?)」
工事「メーターが160km/hまであるけど、そんなに出るの?」
おれ「いや、せいぜい100km/hくらいっすね~」
工事「そうなんだ。これ何ccなん?」
おれ「125ccです」
工事「そうかぁ~。バイクは気持ちよくていいよなぁ~」

なんて会話しました。
ああいうおっさんって、別にバイクに詳しいわけでもないのに話しかけてくるパターンが多いですが、なんで分りもしないのに話しかけてくるんだろう?w

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。