FootLoose Touring

ラクして北陸

Posted on ...   ... 0 comments

ゴールデンウィーク、どこに出かけようか?
と思っていたところ、原付長野ツー三重ツーで同行した友人に「香川にうどんを食いに行こう」と誘われて、悩んだ挙句に行くことにしたんです…が、動くのが遅かったために高速バスもフェリーも確保でず、断念…

新たに行き先を決めなくてはならなくなったので、本屋で旅行雑誌を立ち読み。
そこで目についたのは「越前そば」「東尋坊」これが決め手になり、福井に行くことに。

ただ、友人はバイクの免許がないので(ただいま取得中)車で行くしかない。友人の車はETCなし。
うちの車はETCあるけど、車を貸してもらえない。
ということで、友人の車で一般道で行くことに。とは言えあまり長く借りれないかも…ということで、連休をフルには使わず2泊3日、そして目的地は福井をやめて富山に変更。
2泊3日じゃ少しキツいかなーと思って


本屋に行った翌日。自分が用事があったため、16時半頃に出発。
254を通って寄居を通過して藤岡市に……そこから17号に入り、18号で高崎→長野→糸魚川(新潟)と経由して富山を目指す。

群馬、長野の道はだいぶ空いていて快適!まぁ夜ですから。
埼玉を出て5時間ほどで長野市内に入り、長野駅の近くの「かつや 」で夕飯。
いやー、かつや好きなんですよ。チェーン店なのに、へたな店よりうまい!はず


その後の道も空いていて、ナビに表示されている到着予定時刻がどんどん縮まっていく。
結局2時間ほど縮まり、深夜1時半にはJR富山駅へ
地方とは言え、一応「富山駅」だからでっかいのかな…と思いきや、別にそこまで…。ロータリーはでかいけど
終電は深夜2時半くらい…だったかな?急行の大阪行き

さて。

2泊3日で予定していたこと、友人1人で運転するので体力的にキツいこと、を考えて富山を目的地としていました。
が、ここで友人が「もう福井まで行っちゃうか!」と。
福井まで、富山駅から更に片道150km、2時間だぞ…と思いながらも、彼のテンションに任せて結局福井まで行くことにしちゃいました。
おかげで計画は予想外にハードなものに。

この後、とりあえず氷見まで行って車中泊
 ↓
2日目の朝食に「氷見うどん」を食い、そこから福井まで移動し「越前おろしそば」を昼食に
 ↓
そこから引き返し、「東尋坊」により道
 ↓
富山まで戻ってきて「富山ブラック」を食べる。余裕があったら「黒部峡谷鉄道」へ
そして2日目を終える(またもや車中泊)
 ↓
3日目は帰りに戸隠に寄って「戸隠そば」を
ついでに群馬で寄り道して「水沢うどん」を食べて帰る

大丈夫ですかドライバーさん……
俺?助手席でのんびりしてます^^

とりあえず向かったのは氷見フィッシャーマンズワーフ 海鮮館
深夜3時頃に到着して、ここの駐車場で車中泊。
翌朝8時に起きて、海鮮館の中で色々と海産物を見てまわったり、池永亭氷見うどんを食べたり。
氷見うどんのルーツは素麺にあるみたいですね。麺は柔らかくコシはないですが、ツルツルとのど越しがいいです。
600円
氷見うどん

朝食を終えたらお次は福井へ。
数時間走り、福井駅から350mほど離れた所にある佐佳枝亭(さかえてい)越前おろしそば。元々今回の旅は、越前おろしそば が美味そうだなーって思って北陸に決まったようなもんです。
食べログに「量が少ないかも」みたいなコメントがあったのを思い出し、大盛りに。550+230=780円。
冷たい蕎麦の上に青ねぎと鰹節がトッピングされ、その上から大根おろしたっぷりのつゆをぶっかけて食べます。

蕎麦のコシは割と強めで、鰹節・青ねぎ・大根おろしのさっぱりした味がうまい!
大盛りだったため思ったより食べごたえもあり、満腹です。
普段はもりそばを食べることがほとんどですが、ぶっかけもアリですね。
越前おろしそば

今度は東尋坊へ。ここは…だいぶ混んでて車を停めるまでにだいぶ時間がかかりました。
東尋坊はさすが天然記念物に指定されているだけあって綺麗でした。すれ違うおばちゃんも「すばらしいね~」と絶賛。
岩壁の高さは約25m。岩場はある程度歩けますが、高所恐怖症の人にはキツい…のかな?
東尋坊1

東尋坊2

ちなみにここで数枚撮っただけでデジカメの電池が切れてしまい、これから先は携帯のカメラで我慢する羽目に…。充電してくるのワスレタ。
あとで友人に写真データをもらいました…。


駐車場に入るまで混雑したのと、お土産を買ってたのとで時間がかかり、慌てて富山へ。
るるぶに載ってる富山ブラックの店のラストオーダーが19:45 間に合うか!?
ちなみに富山ブラック とは、やたら味の濃い醤油ラーメンのことで、大喜という店が元祖みたいですね。

大喜 西町本店に到着したのは19:47。
入れるか?と不安でドアを開けましたが、普通に入れました。20時頃になって5人組も来たし…あれ?
まぁ入れたんだからどうでもいいや。

メニューは富山ブラックのみ。(小)が並の量で700円、(大)が1.5玉分で1000円、(特大)が2玉分で1400円。
友人は(小)、自分は(大)を注文。
富山ブラック

名前通り、色の濃いスープ。さらに胡椒もかかって全体的にしょっぱい!麺は太めのストレート。
たしかにしょっぱくて味が濃い…ですが、これはなかなかうまいです。癖になってたまに食べたくなる味、というのもわかる気がします。
いつもこんなしょっぱいのを食べるわけにはいかないだろうけど、月に1、2度食べたくなりそうな感じ。
チャーシューもおいしい。
ただスープは全部飲むのはキツイかな…。自分は元々飲まない派というのもあるけど。


さて、店を出た頃には20時を回っていたので、黒部は断念。
昨夜は風呂に入れなかったので温泉も入りたかったんだけど、こんな時間じゃ立ち寄り温泉は…。
とりあえず糸魚川へ向かい、そこで車中泊をすることに。途中で24時間の銭湯か何かあったはず。
すると途中でうまい具合にスーパー銭湯を見つけたのでそこで体を休め、そこから再び糸魚川に向かい、148号に入ってすぐのコンビニの駐車場で車中泊。
あーあまり疲れが取れない…って、助手席で座ってるだけなんですが


3日目。

予定より1時間寝坊してしまう。そばの実
開店直後に行く予定が・・・。
11時半過ぎにそばの実の前まで来ると、駐車場は満車。さらにその手前で入るのを待つ車の行列…。
少し先の「鏡池」の駐車場に停めてそこから歩くことに。

順番待ちの紙に名前を書くも、その前の紙を店員が中に持っていってしまってるようで、自分の前にどれだけいるかわからないし、あと何番目で呼ばれるのかもわからない。
更になぜか2階は使ってないようで、かと言って1階の座席数は少ないため、回転は悪い。
うーん、もうちょっとどうにかならんのか…
結局2時間ほど待ってようやく入店。

原付ツーで行ったうずら家の方が(たぶん)回転はいいし、待ち時間の目安もわかるようにしてくれてるので、その間自由に動けて良かったなぁ


十割そばとそばがきを頼もうとするも、どちらも品切れとのこと。そばがき初体験したかった…
代わりに大ざるそばとそば団子を注文。

そば団子は揚げてあって、外はカリっとした食感。内側はもちもちしていて、蕎麦の風味が美味しい。
甘いタレがかかっています。210円。
そばの実 そば団子

そして大ざるそば。980円
そばの実 大ざるそば

うん、コシがしっかりしていて蕎麦の風味もして美味しい。十割そばだったらもっと蕎麦の風味がしたんだろうなぁ。
つゆは若干辛め?甘くはないですね。
次回はぜひ十割そばを食べたいところ。そばがきも。
更に、うずら家とハシゴできたら贅沢だな…。


なんてやってたら水沢うどんは時間的に無理になってしまい、諦めました。水沢うどんもいつか食いに行かなきゃな。

帰りにまたもや「かつや」に寄ってひれかつ丼を。
今回は「かつや」に始まって「かつや」で終わる、という旅になっちゃいました。
かつ丼→麺類(うどん)→麺類(そば)→麺類(ラーメン)→麺類(そば)→かつ丼


とまぁそんな感じで、東尋坊以外はグルメな旅になってしもた。まぁ色々とうまいもん食えたからよし!

運転お疲れ様でした。from助手席
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。