FootLoose Touring

EN125-2A

Posted on ...   ... 0 comments

これまで1年半ほど原付スクーターに乗っていましたが、125ccのミッションバイクに乗り換えることにしました。
原付は、30km/h制限や二段階右折などがうっとうしいので…

維持費の安さから原付二種にしようと思ったのですが、国内新車だとラインナップが少ない…。しかもミッション車となると…
中古なら選択肢は広がるんだろうけど、できれば新車で…

そこで目についたのがスズキの技術提供を受けた「大長江集団」という中国の会社が作っているバイク、EN125-2Aでした。

・スピードメーター、タコメーター、燃料計をしっかり揃え
・ギアポジションインジケーター搭載で、現在のギアが一目でわかる
・ヘルメットのフックもあり
・燃料タンク容量は12リットル+リザーブ2リットル=14リットル
・国産の原付二種が排ガス規制の影響で非力な中(10馬力も無い)、EN125は12.5馬力
・しかも現行の国産バイクよりも安く買える


と、なかなか悪くないんじゃないかと思って筆頭候補にあがったわけです。
あと購入後に実際の燃費を計算してみたら、リッター50弱という素晴らしい燃費。
これなら航続距離は600km以上!いや~すごい
あ、部品はGN125やGS125の物で流用できるものもあるようです

EN125 パーツリスト(wiki)


実は似たようなバイクで同じく中国産のYBR125も考えたんですが、
・ギアインジケーターが無い
・ヘルメットのフックがない
・乗車姿勢がENより状態が起きる
・シーソ-ペダル(でもリターン式)
と言う点でやめました。
YBRの方が国内で部品が手に入りやすいというメリットがあったんですけどね。そこはちょっと迷いました。


とにかく、そんなこんなでEN125-2Aを初めてのミッションバイクとして購入したわけです。
本当は青が欲しかったけど、国内在庫がなく輸入待ちになってしまうらしいので赤に決めました。
果たして何年走れるだろうか

en125

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。