FootLoose Touring

【7日目】2人の北海道ツーリング (小平町~小樽)

Posted on ...   ... 0 comments

8月8日(金)
北海道6日目、ゆったりかんで迎えた朝。
昨夜はまさかの手違いで泊まる所がない!?でしたが、なんとか泊まる所が見つかったのでした。
しかも無料で。

「こちらの手違いなのでホテル代は払うが、食事は自分たちでなんとかしてくれ」
と言われていましたが、なぜか夕飯に1品選べるプランになったのでした。

そして実は朝食までついていました。

北海道ツーリング 180


 お土産は札幌で


9時30分、ゆったりかんを出発します。

今日の天気は、曇り時々晴れ。
雨はおそらく大丈夫でしょう。
オロロンラインで札幌へと向かいます。
北海道ツーリング 187


3年前もそうでしたけど、ところどころ工事してて片側交互通行になってる場所が多いですね~。
ちょっと萎えます。
次に北海道に行くのは何年後かわかりませんが、その時は工事してないといいな…。


13時頃には札幌について、バイク用のコインパークに駐車。
3年前と同じくサッポロファクトリーに寄りました。
ここで昼食の蕎麦と、ソフトクリームで腹を満たしたり、開拓使麦酒醸造所?を少しだけ覗けたり。
お土産も買って、自宅に発送してもらいました。

ついでに、駐輪場から近かったので、北海道がっかりスポットとして有名な、札幌時計塔
北海道ツーリング 193


沖村さん的には「そんなにガッカリじゃなかったよ」とのことだったので、寄っておいて良かったですね。


 ぶらぶら小樽


この後どこか寄る場所あるかな~?と考えたけど、寄り道しないことにしました。
と言うのも、沖村さんが「小樽で、20分程度のビール工場見学ツアーみたいなのがあるらしいよ」と教えてくれたので、それ良いじゃん!行ってみたい!となったからです。
そうと決まったらさっさと小樽に向かいましょう。

18時ちょっと前に、小樽グリーンホテルにチェックイン。
DSC01480.jpg


小樽ビールを求めて、周辺をブラブラ。
こちらは北海道最初の鉄道、日本では3番目に開通した、旧手宮線です。
明治13年(1880年)に、アメリカの技術により鉄道工事が進められたとか。
北海道ツーリング 202


そして小樽運河
今回は三脚を持っていくのを忘れたため、暗くなってからの写真はブレてしまいましたので 夕方の写真だけ。
北海道ツーリング 205



周りには人力車のお兄様方がいましたが、鍛えられた肉体で、くっきり日焼けした短パンお兄さんでした。


 小樽ビール見学


そして小樽倉庫No.1
北海道ツーリング 209

小樽ビール醸造所の中にビアパブが存在している形で、こちらで見学もさせてもらえます。
予約は不要!
店内中央には稼働中の仕込み釜もあります。
DSC7563.jpg


スーパーで売っているビールは、ほとんど同じ種類のもの。でも本当は甘みあったり、フルーティーな味だったり、色々なビールがあるんですよー!!とか、
ビールの種類によって、相性の良いグラスとかもあるんですよー!!とか、
ドイツのビール醸造に関する国家資格者を招いて醸造責任者としていますよー!!とか、
麦芽、ホップ、水以外の副原料や添加物、保存料などの使用を禁止した「ビール純粋令」を守っているので、本州まで持ち帰ることはできないんですよー!!とか。

麦芽の試食や、仕込釜の中を覗いたり、ラガールームに入れてもらったり、甘い香りのする発酵タンクを覗いたり、まだ発酵する前の麦汁を試飲させてもらったりもしました。
「今までスーパーでよく売ってるようなビールしか飲んだことがない人は、クラフトビールを飲むとビールに対する価値観がガラっと変わりますから、ぜひ飲んでいってください!」
ということを強調されていましたね。

とりあえず1杯だけ飲んでいきましたが、沖村さんはフルーティーなビールは初体験で、気に入ったようでしたね。
銀河高原ビールの、小麦のビールと似た系統で美味しかったですよ。

その後は小樽駅の近く、サンモール1番街にあるニュー三幸 本店で夕飯を食べて、帰りにもう1度小樽ビールNo.1に寄り、瓶ビールを買ってホテルで晩酌して寝ました。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する