FootLoose Touring

インドの青鬼

Posted on ...   ... 2 comments

こないだスーパーに行ったら、妙なビールを見つけました。
そこで見つけたのが、ヤッホーブルーイングのインドの青鬼です。

 目を引く怪しいデザイン


img20140720_142219~2

インドの鬼ってこういう顔なんでしょうか?
とにかく1度見たらすごく印象に残る缶ですよね。
変な味だったらどうしよう…と思いながらも、つい手に取ってしまいました

 魔の味 インディア・ペールエール


IMG_20140720_142547.jpg

アルコール度が高く、ホップをふんだんに使ったインディア・ペールエールは、18世紀の英国で、長く過酷なインドへの航海のために、劣化しにくいビールとして造られました。
そんなルーツを持つ「インドの青鬼」は、驚愕の苦みと深いコクで飲む者を虜にします。
「魔の味」を知ってしまった熱狂的ビールファンの為のビールです。


確かに苦いビールで、アルコールは7%もある。
好き嫌いは分かれそうですが、ハマる人はやみつきになっちゃうみたいですね。

ただ、個人的にはハマりませんでしたw
元から酒には弱いので、ビールとサワーくらいしか飲めませんし、飲める量もかなり少ないです。
そんな自分にはインドの青鬼はリピーターになりたいって程ではありませんでした。
バドワイザーとかハートランドとか、やや薄めでほんのり甘さを感じるようなビールの方が合ってますね。
あ、プレモルも好きです。

インドの赤鬼ってのはないんですかね?
関連記事

Comment

"インドの"
これはすごいデザインですねえ

『インドの赤鬼』は知りませんが、
『インドの狂った虎』 なら知っています。
赤鬼だと、『オランダの赤鬼』ってのも知っていますw

『泣いた赤鬼』 なんてのも、味わい深いですね。
青鬼さんもいい奴だぜ~。

北海道、もうすぐですね、気をつけてー

A .2014.07.21 09:51 | URL | #mQop/nM. [edit]
"Re: インドの"
>Aさん
インドの狂った虎…なんか凄そうだなと思ったらプロレスラーですかw
Aさんも草津、楽しんできてくださーい
MOSA .2014.07.22 17:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。