FootLoose Touring

年越し蕎麦を

Posted on ...   ... 0 comments

12月31日には友人と2008年最後のツーリングに行ってきました

前日に「明日は長瀞まで蕎麦でも食いに行くかな~」と言っていた友人。そこで「俺も起きれたら行きたい」と言ったのですが、寝たのは31日の午前6時・・・。深夜12時頃に遊びの誘いがきて、6時まで遊んでたんです・・・。
そして目覚ましで9時過ぎに目が覚めたというのに、二度寝。結局起きたのは 12時
携帯を確認するとメールが来てました。「11時半頃に出るが来るか?」そしてその後の不在着信が11:55
急いでメールすると、まだ出発してないということなので待ってもらって、平謝りしてツーリングスタート。

長瀞と言っても結局は秩父。いつも通り299を走ります。ENの半分以下の排気量のくせにENより速い友人は何なんだ
1時間で秩父に着き、そこから140号で長瀞に向かうこと20分。
小さな道を右折し、上長瀞駅前をすぎると、いきなりそば屋が4,5件。ちょっと140号を外れて駅前に来ただけでそば屋が4,5件もあるとは知らなんだ。
そしてもうちょい進み、長瀞駅の前まできて、お目当てのそば屋に到着。友人は何度か来たことのある店らしい…が、中を覗くと営業してる感じでは・・・ない?
おばちゃん達がおしゃべりしてるだけで、今日は休業だとか。秩父の蕎麦屋にはつくづく嫌われてるなー

「何で営業しないんだろ?かきいれ時じゃないのか?」などと話しつつ、適当に営業してそうなそば屋を見つけて入ることに。後で調べたら元祖打込そば とらや というお店でした。店内はジャズが流れてました。
掘り炬燵の席に案内されるもメニューなくね?いや、三色盛り\1470とか書いてある紙と酒のメニューはあるけど・・・。
とりあえず「やっぱ蕎麦はざるだよな」ということで、2人ともざる大盛りを注文。まぁざるじゃなくて盛りそばがきたわけですが。
大盛りと言うほど量は多くない。もともと少なめの店なのかな?ちなみに「まず、つゆに浸けずに蕎麦だけを数本召し上がってみてください」との紙が置いてある。なかなか期待できそう。
食べてみると・・・しっかりとそば粉の味がする、というのか風味があるというのか。きみまろのような表現はできないが、一言、おいしい。友人も「うん、うまい」
何しろ朝食をとっていないので箸が進み、あっという間に完食。お値段はちょっと高めでしたが。
長瀞にもまだまだうまい店がありそうだ。たまにはこっちにも足をのばしてみよう

その後はまっすぐ帰宅。
夜にまず普段よく集まるメンバーで集まって23時くらいに飲み始め、後から長瀞に行った友人&別の友人にも声をかけ、駅前の居酒屋で年越し。
3時くらいに解散のはずがなぜかカラオケに行くことになり、1時間半ほど紅白の曲を歌い続けて解散

疲れた~

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する